もうこんな毎日は嫌だと思う時があります。

同じことの繰り返しで、それもやりたくないことばかり。

せっかくの休日も、また明日から仕事だと思うと憂鬱に感じてしまう。
そんなことをこの先もずっとずっと繰り返していくのだろうか。

考えただけで嫌になります。
しかし仕事を辞めたとしても、恐らく次の所でも同じように感じるはずです。

私がそうでした。
お金を得るということ以外、私にとって仕事をする理由というのが一切思い浮かびませんでした。

ですので結局どの仕事に就いたとしても、やらされている感があり、どんどん行くのが辛くなっていったのだと思います。

スポンサーリンク

働くことそのものが嫌だった

人間関係の問題も多少ありましたが、そもそも働くことが嫌でたまりませんでした。

それでも職場へ行けば、それなりに仕事はこなしていましたが。

仕事が好きで堪らない。という人はほんの一握りだというのは恐らく間違っていないと思います。

というより、結局は本人がどう思っているかの問題に過ぎないからです。

本当は、何か目指す職業があって、それに向かって一生懸命勉強したり、一生懸命働いたりすることができれば良かったのかもしれませんが、残念ながら私にはそういう目標が一切ありませんでした。

このままではダメだと思い、何かやりたい仕事や欲しい資格を探してみたこともありましたが、結局それらは全てお金を得るためであって、私が本当にやりたいことではなかったのです。だからどれもこれも結局長続きせず、というよりやる気がでず、中途半端に終わってしまいました。

なりたい職業に向かって一生懸命頑張っている人たちが、とても輝いて見えて、羨ましかったのを覚えています。私もあんな風になりたい。何か生きる目的とか目標、夢が見つかれば、きっとこの辛い現実から抜け出せるに違いないんだ。

本人の事情などお構いなしに、私はいつも自分勝手なことを思ってばかりいました。

しかし結局、私はお金が欲しいだけで、本当はなりたい職業なんてないし、そもそも働きたくない。

情けない話ですが、これが本心だったんですね。

それでも職は必要だったので、淡々と働き続ける以外にありませんでした。
毎日なにか悶々としたものを抱えながら、ああ嫌だ。こんな毎日嫌だ。と愚痴をこぼしながら働いていました。

向上心の欠片もありませんでしたが、私のような最低な人間に職場の方々は本当に良くして下さいました。
今でも感謝しきれません。

その後も職を転々とし、それでも何も変わらない毎日を憂鬱な気持ちで生きる中、気軽に始めたブログでまさかのコメントを頂き、それが嬉しくて気がついたらこのブログを書き始めておりました。

そんな中で気付いたことは、嫌になったり不安になったりした時に、「ではどうする?」と自分に問いかけるようになったことです。

今が嫌。辛い。辞めたい。行きたくない。

「ではどうする?」

出てくる答えはたいてい非現実的なものばかりです。
私の場合は。^U^;

休む。辞める。
でもそれはできない。
根本的な解決にはならない。

「ではどうする?」

何か別な方法を考える。

目標を探す。決める。それに向かって頑張ってみる。

少しでも考え方が変わると、その後の行動が変わります。
行動が変わると、人生が変わります。
よく聞くフレーズですね。笑
たとえ嫌々仕事に行くという毎日は変わらなくても、それ以外に新しい行動を起こすことによってその後の人生に変化が起こるようになるのです。

私は正直、仕事が嫌いなら嫌いで良いと思っています。
無理に気持ちを切り替える必要もないと思っています。

それよりも、それなら私はこれからどうしたいのか、どうありたいのか、そしてどう生きたいのかを常に問い続けるのです。

頭の中で考えてばかりいるとパンクしてしまうかもしれません。
紙に書き出してみるのも良いでしょう。

いろいろと偉そうなことを申してしまいましたが、この先何があっても、自分の気持ちに正直に生きていくのが一番なのかもしれません。

それは仕事が嫌だから辞めるとか、あの人が嫌いだから絶好するとかそういうことではなく、そのように嫌だと感じる現実の中でも、自分がこうしたいと思えることを発見していく、もしくは考えていくことが重要なのだと感じています。