これは以前ネットを徘徊している時に目にしたコメントなのですが、

やってもやらなくても、同じように歳はとっていきます。

。。もう、その言葉の通りなのですが、何故か印象に残っていて今日までずっと覚えています。

たまに「どうしようかな・・」と迷ったりした時に、この言葉がふと浮かぶのです。

やってもやらなくても、歳だけは同じようにとっていく。

「ああそうか・・それならやってみてもいいかな」と思ったり、「それならもうちょっと違うことにしてみようかな」と思ったりするんですね。

スポンサーリンク


考え方を変えるだけで目の前の世界が変わることもある

昔はいつまでも悩んでいて結局何もできずにいた時がありましたが、考え方が少し変わるだけで、不思議とフットワークが軽くなったりするものなんですね。

私たち人間はどんなに夢が叶ってどんなに幸せになっても、結局いつか死んでしまいます。
何もなかったとしても、数十年後には死んでしまいます。

今年(2012年)の夏に放映された24時間テレビで、(恐らく)地元で活躍されている歌手の方が歌っていた歌詞もそうでした。

「たった数十年がむしゃらに生きるだけ」
(・・記憶が曖昧なので、実際の歌詞は少し異なるかもしれません。^∪^;)

自殺の問題を取り上げていたので、この歌には歌い手の想いが込められているようでした。

ですが私はこの歌を聞きながら、「そうだよな・・。夢が叶っても叶わなくても、数十年したらみんな死んじゃうんだよな・・。」なんてことをぼんやり思っていたような気がします。

だいぶ消極的ですかね。^∪^;

ですがこの世で得た物質的な物(お金・お家・車・その他大切な物)は死後の世界には持っていけないようですから。。
今生きている私たちからすれば、当然と言えば当然ですが・・

24時間テレビで聞いた歌のように、私たち人間は”たった数十年がむしゃらに生きるだけ”なのかもしれません。

大変偉そうな意見ではありますが、私は正直なところ、人生に大した意味なんて無いと思っています。

どんな風に生きるかは、皆さん1人1人がゆっくり探していけば良いのではないかと思っています。
個人的には、がむしゃらに生きることはないと思いますが・・^∪^;

やってもやらなくても、歳だけはとっていきます。

そして夢が叶っても、数十年したら死んでしまいます。

好きなことをやってもやらなくても、歳だけはとっていきます。

どんな結果になったとしても、数十年したら死んでしまいます。

私は今もこうして生きておりますので、死というものをどのように考えたら良いのか、正直まだわかりません。

いくら理屈で偉そうにお話をしても、私の書く記事はどれも上っ面だけのように感じるのは、そのせいかもしれません。^∪^;

それでもほんの少しでも、読んで下さった方のお役に立てるような記事を書いていきたいと思っています。