自分がどうしたらいいのかわからない時。
何をしたらいいのかわからない時。

できるだけ失敗しない選択をしたいと思うのは普通のことだと思います。

私たち人間の時間は限りあるものですから、いくら新しいことを始めるのに年齢は関係ないと言っても、できるだけ早い段階で自分の方向性なるものをきちんと決めていきたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

その対象が勉強や仕事なら、できるだけ効率の良いやり方を選択するのは極々当たり前のことと言えるでしょう。
ゲームだって、早くクリアしたいから攻略本を見て効率良くレベルを上げたり武器を作ったりする場合もあるかと思います。
(個人的には、何もヒントのない状態から試行錯誤してクリアしていく方が面白いと思ってますが・・^∪^;)
それでもたまに見ちゃいますけどね。攻略本。笑

スポンサーリンク

損得勘定は、時として自分を貧しくする

しかし注意しなければいけないのは、いわゆる人生の中で自分の進むべき道なるものを選択する岐路に立った時。

損得で物事を考えてしまわないようにすることです。

損したくないという気持ちは、自分をどんどんダメにしていきます。

そういった思考は自分自身のあらゆる可能性を潰していくでしょう。
損したくない、失敗したくないという気持ちは行動の範囲を狭めていくでしょう。
そしてついには不安、不信から行動を起こすことすらできなくなるでしょう。

ですから「失敗を恐れないで」と、様々な所で言われているのですね。

損得を考えて行動したり選択するのではなく、自然に感じたまま「やりたい」と思ったことを選択するようにしてみて下さい。

そのような習慣を意識するようにしていけば、それがいずれ自然な自分になっていきます。

知らず知らずの うちに、本当の自分を生きるようになっているのです。

損をしたり失敗することを恐れるよりも、この先何も行動を起こさないことを恐れるべきです。