抗うことなく、戦うことなく、ただただ流れに身を任せる。

流れに身を任せた結果、行き着く先は、どのような場所なのでしょうか。

私は過去に、仕事もプライベートも上手くいかず、挫折し、都会から田舎に戻ったことがあります。

先のことなど全く考えられず、目の前の全てのものから逃げ出したかったのです。

自分の気持ちという流れに、完全に身を任せたのです。

今回は、その時の経験を通して、流れに身を任せると、どうなるのか・・というお話をしたいと思います。

環境の変化に苦しむ

都会から田舎へ帰ってきた私は、突然変わった身の回りの環境の変化についていくことができませんでした。

都会で華やかな生活をしていたわけではありませんが、何のアテもなく田舎へ戻ってきてしまったことをすぐに後悔しました。

・・何も考えていなかったわけではありませんが、当時は仕事を辞めて田舎で少しゆっくりすることしか頭にありませんでした。^^;

先のことなど、考える余裕も無いほど疲れ切っていました。

なので、田舎へ戻ってすぐ、とても後悔しました。

これから、どうしたらいいんだろう??

どうやって生きていけばいいんだろう??

毎日そんなことばかり考えていました。

スポンサーリンク


少しずつ、自分の方向性が定まってくる

私の場合は、とても時間がかかりました。

今の状況をなんとか打破したいけど、何をすればいいか分からない。

田舎へ戻ってから、そんな状態が何ヶ月も続きました。

いろいろ悩み、考えた末、私が出した結論は、「自分の力で生きていく力をつける」ことでした。

自分の力で生きていく力を身に着ける

経済的にも精神的にも、自分に寄って生きていけるようにしたいと思いました。

もう一度都会に戻りたいという気持ちもありましたが、ただ戻るのではなく、少し成長してから戻りたいと思うようにもなりました。

そのようにして、私の中で進むべき方向性が、少しずつ定まっていきました。

と同時に、私の精神状態も、少しずつ穏やかになっていきました。

自分の気持ちが変わるだけで、こんなにも目の前の世界は変わるのだなと思いました。

自分がやるべきことが見えてくる

私は経済的にも精神的にも、自分の力で生きていけるようになりたいという目標を持つことができました。

それによって、今何をすべきなのか、今自分がやるべきこと、やらなければならないことが次々と出てくるようになりました。

私の場合はとにかく仕事のスキルアップと、収入を増やすことがメインでしたが、精神的に強くなりたいという目標もありました。

自分を追い込み、鬼のように仕事に没頭できるような自分になりたかったのです。

ちなみにこれは今も、訓練中です。^^;

自分の気持ちの流れに身を任せたことで、当初は辛い思いもしましたが、今となってはそれも良い思い出です。

結果的に自分の気持ちに従順と言えるような方向性も見つけることができたので、良かったと思っています。

穏やかで充実した日々が訪れるようになった

自分の気持ちという流れに身を任せた結果、かなり時間がかかりましたが、私は自分の中に1つの方向性を定めることができました。

心から「自分はこうしたい・・」と思えることもあり、その気持ちがなりたい自分=理想の自分像の確立にもつながっていると思います。

進みたいと思う道が自分の中にあると、気持ちが穏やかになってくるのを感じます。

気持ちが穏やかになってくると、毎日が充実してきます。

初めは、「自分のペースで、ゆっくり、少しずつでいいんだ・・」と思っていたことも、いつしか鬼のように没頭してる自分になってることもあります。

理想は、鬼モードで頑張ることですが、これも、無理やりそのようにする必要は無いと思っています。

気付いたら自然とそうなっていた・・が理想的です。^^

とは言え流れに身を任せて行き着く場所は、まだまだ先にあるように思います。

一体どんな世界が待ってるのか、とても楽しみです。