面接の前って、緊張しますよね。

私はこれまで、それほど多くはないですが(それ以前に書類選考で落とされていたため。)、面接に挑んだことがあります。

がしかし、どの面接もとても緊張してしまうのでした。

学生時代のバイトの面接でさえ緊張していました。

人によって緊張の度合いは違うと思いますので、一概には申し上げられませんが、私の場合はだいたい面接の2日くらい前から緊張し始め、前日はほぼ1日中ずっと面接のことで頭がいっぱいになります。

そういう時は、気がつくと呼吸も浅くなっている時が多いです。^∪^;

ちなみに面接が終わった後の開放感は、私にとってある意味快感に近いです。笑
面接の内容が良くても悪くても、あまり変わりません。
とにかく「面接終わった!うわあああやったやったあああ!><」という気持ちが先行してしまうのです。^∪^;

しかし面接の前に緊張するのが毎回どうしても辛いので、緊張しなくなる方法はないのかな~と思い、いろいろ調べてみたりしてみましたが、自分に出来そうなのは「場数を踏んで慣れること」くらいでした。

ですがその場数を踏むためにも目の前の面接に挑まないといけないわけで、その目の前の面接に対する緊張を今何とかしたいので、この方法は自分にはあまり有効ではありませんでした。。

そう。今何とかしたいんですよね。
面接前に感じている緊張感を、少しでも解き放ちたいのです。

緊張を完全に解き放つことは難しいかもしれません。
適度な緊張感は、あった方が良いらしいですが。。

ですが、この適度な緊張感というのも、人によって差があるように思えてなりません。

スポンサーリンク

どうせいつか死ぬんだし、それに比べれば大したことじゃない

なんて大袈裟な・・と感じられるかもしれませんが、湧き上がる緊張感を少しでも軽減させるには、大きなスケールで挑んだ方が即効性があるような気がします。

面接が終わった後にご褒美を用意しておく

これは以前読んだ本から得たものですが、例えば面接が終わった後にご褒美のようなものを用意しておくのも良いかもしれません。食べ物でも良いですし、ゲームでも買い物でも何でも、楽しいと思えることを用意しておくと、緊張感が少し和らぐような気がします。

「今は緊張してて不安でいっぱいだけど、面接が終わったら昨日録画したアレを見るんだ!」
とかですね。^∪^

潜在意識に丸投げする

個人的には、この方法が一番良いと思っています。

少しスピリチュアルな空気になってしまいますが、たとえどのような結果になったとしても、潜在意識によって今の自分が作られていることに、それほど変わりはないと思いますので、緊張していても仕方がない・・と思えるのですね。

あくまで個人的な方法なので、参考程度に読んで頂ければと思います。

緊張したり不安になったり焦ったりしてもうどうしようもない時は、開き直ってみるのも時には良いと思いますし、それ以上に、潜在意識に全てを任せてしまうのも良いかもしれないと思うのですね。

自分の力ではどうしようもできない。

これは面接時の緊張に限らず、人生の様々な事柄に言えるかと思います。

そういう時は、潜在意識を信用し、身を任せてみるのも良いかもしれません。
不思議と不安や焦り、緊張感がなくなることもあるでしょう。

誰でも、自分の知らない世界というのは怖いものです。
そういう所から、不安や焦り、そして緊張感が生まれているのでしょうか。

人間ですからそういった感情を抱いてしまうのは仕方ありませんし、むしろ普通であると思われます。

そんな自分の感情と向き合いながら、一歩ずつ前に進んでいくのも良いかもしれません。