初めて引き寄せの法則を知った時、その魔法のような言葉と、どこからきてるのか分からない圧倒的な安心感があったのを覚えています。

法則というからには、そのやり方さえマスターさえすれば、いくらでも夢を叶えることができる。

実際そんな感じのことを書いてるキャッチコピーはたくさんある。

もう悩まなくていいんだ。

もう苦しまなくていいんだ。

私は、これでラクに夢を叶えて幸せになれるんだ。

・・そう思ってた時期が、私にもありました。

もちろんあながち間違いではありません。

引き寄せの法則はたくさんあると言われている宇宙の法則の中の1つであり、私たちの日常で日々繰り返し発動され続けてる法則なのです。

日常生活におけるあなたの1つ1つの行動が、たとえそれが意識的に行ったことではなかったとしても、それによって得られた結果は、すべて引き寄せの法則が作用してると言えるようです。

しかしあなたが本当の意味で引き寄せの法則を使いたいのはそんなことではないはずです。

とにかく夢を叶えたい。

その一心に尽きるのではないでしょうか。

それなのに、未だに夢は叶っていない。

引き寄せの法則のことはもうたくさん調べて、本だってたくさん読んだ。

やり方だって間違ってないはず。

なのに叶わない。叶えられない。

一体どうしてなのでしょうか。

本に書いてある通りにやってるのに、上手くいかない

イメージとかメソッドとか、引き寄せの法則関連の書籍にはこうしたマインド系のことがたくさん書かれていると思います。

例えば・・

・「〇〇が欲しい」「〇〇になりたい」ではなく、「〇〇が手に入った」「〇〇になった」と断定的に言って

・その時にリアルに感じるであろう感情を想像して感じる!!

・感じまくる!!!!

・すでに夢が叶った状態になるのです!!!

などなど・・。

私が読んだ本やネットで集めた情報には、このようなことがたくさん書かれていました。

初めは頑張って断定的にイメージするようにしてましたが、そうやって頑張ってやってる行為が良くなかったのか、次第に疲れてしまいました・・。

そもそも夢が叶った状態とか、実際に経験したこともないのにわかるはずないだろと・・。

最後は投げ出してしまいました。^^;

また出来るだけ良い気分、ワクワクした気持ち、心地良い自分で日々を過ごすことも書かれてありました。

この心地良く過ごすことの重要性も、今ならわかる気がしますが、当時はこれも難しくて全然わかりませんでした。

それどころか「心地良い気持ちでいないと・・」という焦りから、表面的には余裕のあるようなフリばかりして、内面はどんどんボロボロになっていく自分を感じていました。

辛くて辛くて、とうとう私はそれまでやっていた全ての行動を辞めてしまいました。

断定的な思考をするのも、心地良く過ごすことも、何もかも辞めました。

断定的な思考も、心地良く過ごそうとすることも、そうしなければならないというプレッシャーがあったからか、とにかく辛くて仕方ありませんでした。

その代わり、自分がやりたいと思うことをどんどんやるようになりました。

スポンサーリンク


とてもラクになった・・

誤解があるといけないので申し上げておきますが、私は書籍に書いてある内容を否定してはおりません。

断定的な思考も、心地良く過ごすことも、それ自体は間違ってるのは思いません。

問題なのは、それを実践する読み手側(私たち)にあると思っています。

無理に自分に言い聞かせたり、思い込ませようとしたりしても、上手くいくはずがありません。

断定的な思考が大切だからといって、よく分かってもいないのに表面上そのようなことをしても、意味が無いのです。

心地良く過ごすことも、同様です。

表面的な部分だけをそのようにしても、全く何の意味も無いのです。

なので私は辞めました。

辞めた途端、とても気持ちがラクになりました。

何かから自由になった感じがしました。

自分で自分を束縛していたわけですが、それを解き放ったことで、心身ともに解放された気分になったのです。

と同時に、しばらく休みたいと思いました。

なんだかとても疲れてしまったので、何をするにも、少し休んでから考えようと思ったのです。

しかしそんな私に、突然いろんな願い事が叶い始めたのです。

急に願いが叶い始める

引き寄せの法則で願いを叶えるために本に書いてあったことを実践したものの、辛くなって辞めてしまった。

本に書いてあることは間違ってないと思うけど、私がそれを実践しようとすると、どうしても自分に言い聞かせたり、無理やり思い込むような形になってしまいました。

それでは、ダメなのです。

それでは、願いは叶わないのです。

断定的な思考も、心地良い気分で過ごすことも、私が自然にそうしたいからする・・という気持ちから生まれる行為でなくてはならないからです。

間違っても無理やり自分に言い聞かせたり、思い込ませたりするようなものではないのです。

なので、それが難しいのであれば、今は一度辞めてしまっても良いのかもしれません。

その行い自体には意味がありませんし、自分の気持ちを無視することになるので辛いだけでしょう。

そしてこれは私の場合ですが、私は自分にとって辛いと思うことを辞めて放り出した途端、急に願いが叶い始めるようになりました。

それまでずっと欲しかったものが、向こうからどんどんやってくるようになったのです。

仕事やお金、人間関係、過ごしたいと思っていた環境など。

ずっと求めてたいろいろなものが、形となって私の元に集まってくるようになったのです。

中には、予想もしてなかったような方向からやってきたものもたくさんありました。

私にとって、掛け替えのない、決してお金では買えないようなものでした。

それはもう、人生における、宝物と言っても過言ではありません。

私はそれらを、これからも大事にしていきたいと思います。

願いが叶うまでに、私がやっていたこと

私は自分にとって辛いと思うことや苦しいと思うことを放り出した結果、叶いだした願いがあります。

もちろん、叶わない願いもありました。

しかしそれは、やりたくないことを放り出したから・・というよりは、自分にとって良いと思える環境を自分自身で整えていくようになったから・・だと思っています。

自分にとって良いと思える環境を、自分自身で整えていくようになった

以下は、実際に願いが叶い始めたと思われるまでに、私がやっていたことです。

・自分にとって居心地の良い状態に身を置く

・好きなこと、やりたいと思ったことをやる

・本当に自分が求めてるものを知る

この中で特に重要なのは、3つめの本当に自分が求めてるものを知るだと思います。

好きなことややりたいことがこれに当たる場合もありますが、要は自分の気持ちに嘘をつかないようにするのがポイントかもしれません。

例えばゲームや漫画が好きだからといってそればかりやっていても、心のどこかで「本当にいいのかな?このままで。」などと思ってるとしたら、その気持ちは無視してはいけません。

この場合は、あなたが本当にやりたいと思ってることはゲームでも漫画でもなく、自分がどうすべきかを具体的に自分自身に提示し、それに向かって歩き出すことなのです。

自分がどうすべきかを具体的に自分自身に提示し、それに向かって歩き出す

これが分かるようになれば恐らくあなたは今よりもっとラクになれますし、それと同時に願い事も叶うようになってくるかもしれません。

このサイトでは、そのお手伝いになるような記事をたくさんご用意してますので、何か少しでも参考にして頂けたら幸いです。