潜在意識は扱い方を間違えると大変なことになる・・というお話を聞いたことがあります。

私たちの知らないところで、私たちの人格や思想などを創造してると言われている潜在意識。

そんなすごいものと仲良くなろうということが、そもそも間違っているのかもしれません。

夢が叶った!潜在意識に願いが伝わったんだ・・!と思っても、そう思ってるのは自分だけで、実際のところなんて分かるはずがありません。

しかし、それでも潜在意識のことを知りたいし、できれば味方につけたいと思いました。

もちろん潜在意識は、いつでも私たちの味方ではあるのですが。。

味方ではあるのですが、それでももっと仲良くするためにできることはないか、いろいろ考えてきました。

潜在意識と1番距離が近くなる瞬間がある

潜在意識は無意識とも言われています。

潜在意識とは

普段私たちが起きてる間にいろいろ考えたり悩んだりしてるのは、顕在意識と言われています。

自分ではいろいろ考えたり悩んだりして人生の取捨選択をしてるつもりなのに、実際に自分自身をコントロールしてるのは無意識である潜在意識なのだそうです。

私が潜在意識のことを初めて知ったのは子供の頃に読んだおまじないの本でした。

おまじないというものを知ったのも多分その時が初めてだったので、(昔すぎて内容は覚えていませんが)とにかくいろいろと不思議なことが書かれていて印象的だったような気がします。

そしてその本で潜在意識のことを知ったんですけど、まだ幼かった私には、いまいちピンと来ませんでした。

確か本には「潜在意識は私が寝てる時に起きていて、私のお願いごとなどを聞いてくれる存在」みたいなことが書かれてあったと思います。

もう20年以上前の記憶なので確かではありませんが。。

本も恐らく処分したのでしょう。手元にはありません。

そして潜在意識と一番距離が近くなるのは、毎晩眠りに落ちるその瞬間と書かれてあったような気がします。

スポンサーリンク

潜在意識と一番距離が近くなるのは、眠りに落ちるその瞬間

潜在意識は無意識と言われています。

私たちが寝ている間は、意識がありません。

よって私たちが寝ている間は、潜在意識は起きているのだそうです。

そんな潜在意識と一番距離が近くなるのは、必然的に顕在意識とバトンタッチする瞬間、眠りに落ちる時朝目覚めた時のようです。

・眠りに落ちる時

・朝目覚めた時

よく潜在意識を利用して願いを叶える方法で・・

・寝る前に叶えたい願い(なりたい自分)をイメージする

・目覚めた瞬間に叶えたい願い(なりたい自分)をイメージする

という話を目にすることが多いです。

これは私もよくやっています。

これによる効果のあるなしは正直分かりませんが、とても良い気分になるのです。

そして個人的にはこの良い気分(幸せな感情)を持つことが、夢を叶える上で重要だと考えています。

潜在意識は、いつでもあなたの味方でいてくれる

記事タイトルに「潜在意識と仲良くなる方法」と書きましたが、潜在意識は常にあなたを見守っており、あなたを助けたいと思ってくれているのです。

しかし潜在意識が理解できるのは感情だけだと言われています。

私が「お金が欲しい」と思っていると、常に「お金が欲しい」と思ってしまうような日常が引き寄せられます。

そうじゃないのに・・と思っても、その気持ちが潜在意識には理解できないようです。

私は長年「仕事に行きたくない」と思いながら働いていましたが、少しずつ体調を悪くし最後は朝ベッドから起き上がることができなくなりました。

もっと早くに何とかしてれば良かったのですが、遅すぎたのか今では万年体調不良です。

結果的に仕事に行かなくても良くなったので、願いが叶ったといえば叶ったです。

・・決して潜在意識のせいにしてるわけではありませんけどね(´ω`)

結果(願いが叶うまでの)に行き着くまでの過程は望むようなものでなかったとしても、潜在意識が私のためにそうしてくれたことは本当にたくさんあったと思います。

そんな潜在意識と仲良くなる方法は、もっと自分の潜在意識を信じてあげることかもしれません。

自分の潜在意識を信じてあげる

人生において、どうしても叶えたい願いが、誰でも1つくらいはあるかもしれません。

私にもあります。

私の場合は仕事なんですけど、目標にしてることがたくさんあるので、そこまで何とか自分を持っていきたいと日々思っています。

けど実際はなかなか上手くいかなくて、辛くなったりブレたりすることはしょっちゅうあります。

しかしこんな時こそ、自分の潜在意識を信じてみようと思うのです。

自分で努力できるところは努力して、やるだけやったら良いイメージだけ描いてそのまま潜在意識にお願いしてさよならしてしまうのです。

願いを忘れるくらいが丁度良いのかもしれませんが、強い願いはなかなか難しいですよね。(´ω`)

そういう時は常に明るいイメージだけ描いておいて、あとはあまり執着し過ぎない程度に胸に留めておくのが宜しいのかなと思います。

ぜひ。参考までに。