とても嫌なことがあった時。

とても傷ついた時。

もっと強くなりたいと思う時があります。

しかしこの”強くなりたい”というのは、どういう意味でしょうか?
具体的に、どのように強くなりたいのでしょうか?

・すぐにクヨクヨしてしまわないように、もっと強い自分になりたい。

・不安や不満に揺さぶられないような強い自分になりたい。

あまり具体的ではありませんが、個人的にパッと思い浮かぶのはこれだけです。

人によって何故強くなりたいのか、その理由は様々だと思います。

仕事でミスをしてしまった。
きちんと確認しなかったせいで、お客様にも取引先にも迷惑をかけてしまった。
その結果ものすごく怒られてしまい、落ち込んでしまった。

怒られてしまったことに対してクヨクヨしていたのも確かなのですが、それ以上にきちんと確認しなかった自分が許せませんでした。

しかしそれでも過ぎてしまったことです。
もうどうしようもできません。
いつまでも悔やんでいても、仕方がないのです。

それでも立ち直れない。
だから強くなりたいと思ったんですね。

スポンサーリンク


今の自分にできることをやる

これはとある海外ドラマに出演していてアゴがバッチリ割れているイケメンの台詞ですが、

「過去に引きずられるんじゃなくて、今の自分にできることをやっていきたいんだ。」

何故かわかりませんが、私は今でもこの言葉に救われる時があります。

強くなる方法というのは、あるようでないのかもしれません。

結局それは、自分の中でどう折り合いをつけるかにかかっているのかもしれないからです。

個人的な経験を元に書いておりますので、あまり参考にならず申し訳ありません。

しかし怯えてばかりいますと、事態はますます悪い方へ向かっていくように思います。

怯えない自分になるためには、強くなるしかないのかもしれません。
そのために、自分の中で何かしら気持ちの整理が必要な場合もあるかもしれません。

その問題は時間が解決してくれることもあれば、ふとしたことがきっかけで考え方や価値観に変化があって、それによって一段階上への自分に成長できることもあるかもしれません。

いずれにせよ、落ち込んで引きずってどうしようもない時は、無理に前向きになろうとは思いません。
ほとんどのことは、時間が経てばいずれ気にならなくなることがわかっているからです。
もちろん、そうでないこともありますが。

強くなろうと思う気持ちも大切ですが、そのままの自分を受け入れることも同じくらい大切です。
弱くたっていい。ダメだっていい。失敗したっていい。
そういうのも含めて全てが今の自分なのです。

そんな自分を受け入れてあげて欲しいと思います。

そしてこれから先、どうありたいのか、どう生きたいのかを常に自分に問い続ければ良いのです。

その中で今の自分にできることを、少しずつやっていけば良いのだと思います。